論文集[2010~]

本論文集は、日本構造医学会学術会議にて学会員が自立的に研究し発表した一般演題の本稿を「日本構造医学会 学術会議 論文集(本稿)」として開催会毎にまとめ、発刊しているものです。
各論文集は、国の主管する国立研究開発法人科学技術振興機構の正規論文として収蔵されています。

論文集のバックナンバーは、第15回~19回、21回分(※残り数部)、22回分に関しては製本をお渡し可能ですが、第20回分は在庫がなく製本をお渡しできない状況です。
ただし構造医学の学習や継続研究、臨床応用等の目的により論文のコピーが必要な方は、個別に対応できる場合がございますので、下記主要目次から論文集名(第〇回)・論文名・著者名をお控えの上、事務局へお問い合わせ下さい
また構医研では、有用知見の恒久的保存と普及の目的から、将来的に季刊誌、論文集の一部オープンアクセス化を目指して、順次本ホームページ上で掲載する予定です。

 

第22回日本構造医学会 東京学術会議 論文集


○外用途としての甘草エキス「リコニンKT」の可能性(加藤進)
○歯科医療の展望と問題点(湯澤眞)
○二天一吉田流リダクター名人への考察と実践(平木誠一)
○発達障害に寄り添うために(山田博)
○咀嚼運動と正しい噛み方(大倉雅顕)
○本質的有用医術の存続を願い手技の形態を具現化した全体表面圧転子”Slinkiest”~発病抑制や症状鎮静に有効な転子(ローラー)療法を一般認知化する手段~(根橋豊光)


 

第21回日本構造医学会論文集第21回日本構造医学会 大阪学術会議 論文集


○肩関節の障害を考える(長谷川圭)
○構造医学のヒト構造で診る治療用義歯を用いた総義歯治療(深水皓三)
○生理歩行によるさらなる安全な出産(鹿山邦彦)
○診療を構造化する その2(三村幸宏)
○要素比較人類学的考察(原口誠)


第20回日本構造医学会論文集第20回日本構造医学会 東京学術会議 論文集


○鎖骨骨折症例を通して(相良遼太)
○腸骨筋バランスに着目した、診療の構造化への捉えなおし(三村幸宏)
○流体圧を利用した装具の作成(笠井浩一)
○薄毛や脱毛症などに繋がる毛髪脱漏が発生する原因の研究(根橋豊光)
○骨格と脳(子供における脳力変化)(菅沼加奈子,今尾光子,今尾明日香)
○側貌セファログラムを用いた顔面頭蓋の成長予測法について(新藤勝之)


第19回日本構造医学会論文集第19回日本構造医学会 大阪学術会議 論文集


○2足直立した人の足底(0ベース)内でクロスする円錐形状と足のアーチを再形成させる目的のインソール概念(根橋豊光)
○噛める事、噛めない事、から体のバランスまで(寺尾公成)
○矯正・補綴を行った顎関節症の一例(山本眞紫)
○不必要に繰り返すシャープな頸振り動作について(後藤雅文)
○頭位軸慣性平衡系の基本診査「顎位診断」と検証法「首と肩の検診」(峰村久憲)
○構造医学理論に基づく体操療法を主体にしたリハビリ科診療の紹介(野本規絵,和泉由貴,宮入暁子)


第18回日本構造医学会論文集第18回日本構造医学会 東京学術会議 論文集


○小児呼吸障碍への構造医学対応について(松井隆司)
○咳とは(伊木晴彦)
○自家歯牙移植(久保田正紀)
○腹帯のススメ(柴大輔)
○2次曲面流体枕”エス・スリープの開発”(根橋豊光)
○直立動態と心身症状(医科病態編)(臼井五郎)
○動的平衡咬合医療の未来 他科との連携(松井啓祐)
○弾発指についての考察(菊池龍也)


第17回日本構造医学会論文集第17回日本構造医学会 京都学術会議 論文集


○自作レオロジーバッグの整復効果の考察(笠井浩一)
○直立動態と心身症状(歯科病態編)(臼井五郎)
○自己養生によるアレルギー変化(花粉症)(木原伸宏)
○顎挙上法による咬合調整(瀧口喜郎)
○う蝕の原因を再考する(八戸正己)
○歯列の維持・崩壊・喪失のメカニズムを考える|長期2症例の検討|(山本眞紫)


第16回日本構造医学会論文集第16回日本構造医学会 東京学術会議 論文集


○肘関節障碍について考える(布施優紀)
○手足のテープが構造医学基本診断法に及ぼす影響について(佐々木勝美,本郷隆史)
○足もとを見直す-5-(三島茂)
○足関節両果骨折の臨床例(内藤昇)
○我が身における小脳梗塞による平衡障害と歩行について(河野拓)
○膝関節の半月板損傷についての考察(吉田聡,原口誠)
○アースによって処置中の痛みに対する減痛または除痛への対応(東良彦)
○安全な矯正歯科治療にむけた貴金属線の臨床応用(新藤勝之)
○不正咬合者の重心同様に関する研究(骨格Ⅲ級症例について)(菅原泰典)
○重力反応系の視点から捉えた腸管輸送と排泄(原口誠)
○胆石症考察(高鍋貴信,原口誠)
○自転車についての一考察(谷崎誠一郎)
(【第15回大阪学術会議ポスタープレゼンテーションより】
○臼蓋形成不全を伴う股関節症と二度の手術~歩行困難からの回復~(河内恵)
○足もとを見直す-4-(三島茂))


第15回日本構造医学会論文集第15回日本構造医学会 大阪学術会議 論文集


○スキーはWB(ウェイトベアリング)で滑る!?(上田将氏)
○咬合と姿勢重心との関係についての一考察(西田英治)
○術後創部の損傷電位に対して行ったアースによる異常感覚緩和効果(山本泰司,佐藤文在)
○上顎前突症の非抜歯治療に用いる装置[Orthopedic Positionar]の改良(鈴木善雄,細川淳子,鈴木智子)
○受動的生理性としてのヒト非静的安定性に基づいた無意識下での非加重整復法(根橋豊光)
○「そもそも」からの気づき(是永直紀)
○口腔機能(失調)性疾患と代替医療系診査法(峰村久憲)
○簡易的WB体操指導法(小笠原宏之)


第14回以前の一般演題論文は、2009年まで発刊されていた季刊構造医学に分割収載されています。