第22回日本構造医学会東京学術会議 学会長 関谷康夫

10月8日、日本構造医学会は東京・学士会館において第22回学術会議を開催、全国から多くの会員が出席し、生活環境場(医療・科学技術・教育ほか)における構成体(構造)の本質を探究する論題が多数発表され活発な質疑が行われた。

学会長挨拶では関谷康夫氏が「創設から40年ちかくの歴史をもち約18,000名の受講数を誇る学問領域として、さらに学びを深めることで社会貢献を広めてほしい」と述べた。

発表では演題6講が披露され、質疑応答が各々活発に行われた。また今回から新たに座長カンファレンスが試行され、公衆衛生と口腔衛生やフッ素の功罪、リダクターの有用性などについて座長所見とともに会場の会員との質疑応答に熱気を帯びた。 

演 題 ・演 者

(演題は一部改称しています)

外用塗としての甘草エキス
全抽出物の可能性


-加藤 進

(東京都 柔道整復師)

歯科医療の展望と問題点


-湯澤 眞

(埼玉県 歯科医師)

二天一吉田流
転子型全柱整復器名人への
考察と実践


-平木 誠一

(東京都 柔道整復師)

発達障害に寄り添うために


-山田 博

(東京都 歯科医師)

咀嚼運動と正しい噛み方


-大倉 雅顕

(北海道 歯科医師)

本質的有用医術の存続を願い
手技の形態を具現化した
全体表面圧転子


-根橋 豊光

(愛知県 柔道整復師)

座長カンファレンス

今回より採用した、座長・演者・参加者全員によるディスカッションの場

   

<学会長 兼 実行委員長>

関谷 康夫

 

<副学会長>

熊谷 晃

 

<実行委員>

石橋 学  小川 宏  鹿山 邦彦
菊池 龍也  戸羽 砂里  根橋 美佐子
羽富 利也  松尾 浩嗣  吉野 美里

 

<座長委員>

鬼丸 聡  柴田 宗孝  瀧口 喜郎
田所 生利  本多 武  山本 泰司
山本 眞紫

第23回日本構造医学会 一般演題発表 エントリー募集

平成30年開催の『第23回日本構造医学会 大阪学術会議』における演者を募集します。

詳しくは日本構造医学会事務局までお問合せください。

【エントリーの流れはこちら】