第25回東京学術会議の一般演題発表者を募集いたします。 第25回東京学術会議の一般演題発表者を募集いたします。

第25回大阪学術会議記念大会 一般演題発表者スケジュール

会場のグランキューブ大阪 特別会議場
公式サイトより転載)

日本構造医学会 第25回大阪学術会議記念大会を2020年11月1日(日)に大阪国際会議場(グランキューブ大阪)にて開催いたします。
当学術会議は1995年より日本構造医学会が開催する唯一の正規学会であり、英文でなく基本的に日本語を用いるなど、学会としては形式ばらない自由な雰囲気と柔軟性が特長です。また、発表者は多様性に富んでおり、必ずしも医療者である必要はありません。過去には患者自身がプレゼンテーションを行った事例や、構造医学が生態系に関わることから農業従事者による有機農法の報告が行われたこともあります。

特に昨年開催した第24回東京学術会議では、臨床報告や継続研究だけでなく、患者と接する中で得た気付きや所感、また医療者としての在り方への問題提起など、多様性に満ちた学びの場となりました。
日々の経験や気付きだけでなく、研究の途上で生まれた些細な疑問を整理し学理的批評にさらすことは、発表者の糧となるだけでなく参加者にとってもまた新たな気づきや問題の解決につながることでしょう。

発表者の論文は基本的にすべて国立研究開発法人科学技術振興機構の正規論文として収蔵されます。また構医認定制度の10単位(発表6単位+学会参加4単位)が付与されます。
発表論文は日本構造医学会理事会と編集委員会による査読を受ける必要がございます。

  • =

演者スケジュール

  • 4月20日(月)〆切

    エントリーシート提出

  • 5月20日(水)〆切

    発表要旨(サマリー)原稿 提出

    800字~1500字程度を電子メール、またはUSBメモリを郵送にて提出。メールアドレスは事務局にお問合せ下さい。

  • 5月下旬 事務局より

    エントリー結果通知(第25回大阪学術会議記念大会 演者決定)

    日本構造医学会での演題として妥当な内容であるか等の基準から審査されます。また、応募者多数の場合、次年度以降の発表をご提案する場合がございます。

  • 8月11日(火)〆切

    論文原稿(初稿)提出

    2000字~3400字程度の論文原稿を事務局までお送りください。

  • 8月中旬 事務局より

    論文原稿(初稿) 査読結果通知

  • 8月下旬 事務局より

    論文原稿(初稿)製本見本送付~著者校正

    製本見本を論文著者自身でチェックし、校正します。著者校正はこの一度きりです。

  • 10月23日(金)

    発表用データ(プレゼンorポスター)提出

  • 11月1日(日)

    第25回日本構造医学会 大阪学術会議記念大会