構医ジャーナルは構医研の研究知見だけでなく、最新の生命科学的成果や知見もご案内しています。

胸郭関連疾患(換気障害・胸膜炎・肋間神経痛等)に対する露盤転子の非観血的処置について

胸郭関連疾患(換気障害・胸膜炎・肋間神経痛等)に対する露盤転子の非観血的処置について

2018.10.10

閉塞性・拘束性換気障害や胸膜炎といった胸郭関連疾患、ならびに肋間神経痛等の神経障害性疾患に対し、構造医学では独自の非観血的処置を行い、良好な結果を得ています。
ここでは胸郭の構造から構造医学的に見た呼吸モデルを紹介し、処置についても論じています。

< 出典 > 著 者:市原 周篤(日本構造医学研究所 研究員)
監 修:住岡 輝明 / 吉田 勧持

< 本記事の著作権はすべて一般財団法人構医研究機構に帰属いたします。本記事のファイル・文章・画像等の無断転載・使用は禁止しております。 >