構医ジャーナルは構医研の研究知見だけでなく、最新の生命科学的成果や知見もご案内しています。

2本の円錐面の測地線の転がり運動について —ヒト前腕骨の形態と機能2—

2本の円錐面の測地線の転がり運動について —ヒト前腕骨の形態と機能2—

2017.11.22

前回に引き続き、ヒト前腕骨の形態と機能に関する故・秋田浩研究員の継続研究を掲載します。

< 論文情報 > 著 者:秋田 浩(整形外科医)(平成18年物故)
日本構造医学研究所 元研究員(1991-1992)
投稿誌:バイオメカニズム学会誌Vol. 16(2002)P 267-274

< 論文著作権はすべて各論文著者または出典元に帰属いたします。 >